ぞうもうといくもう

増毛をした人というのは地毛に人工毛髪をとりつけていくのですが、人の髪の毛というのはだいたい1日当たり0.4ミリ程度伸びているといわれていますし、1ヵ月にしてみると、1センチくらい伸びるといわれています。


ですから根元に取り付けた増毛のための人口毛髪も、育毛すれば根元が変わってくるので3か月もすれば根元よりも3センチくらいは離れてしまいます。


人工毛髪自体は伸びることはありませんから、先だけが根元から離れてまるでほうきの先のよう形になってしまうのです。


増毛をしたての頃は調整されているのでいいバランスで取り付けられていると思いますが、数か月経つと育毛のためにバランスやスタイルは崩れます。


また、ブラシでヘアを整えようとすると、引っかかってしまうということもあり、それにより人工毛髪がはずれてしまう可能性も高くなります。


増毛を受けるという人は育毛のサイクルのことを考えても、2−3か月に1度はメンテナンスや施術のし直しが必要になることを覚えておきましょう。


増毛というのは1度受ければそれで終わりではありません。


1度受けてもメンテナンスや維持をするのに費用がかかりますので覚えておきましょう。


育毛以外にも、髪の毛というのは毎日数百本抜けていきます。


どの髪の毛が抜けるのかわかっていればいいのですが、それはわからないので増毛のための人工毛髪を取り付けた髪の毛が抜けることはよくあることですから、やはりメンテナンスが定期的に必要です。