アルコール

薄毛にアルコールの摂取が関係しているといわれていますが、アルコールを飲むことが直接の薄毛の原因になるというわけではありません。


薄毛の原因はアルコールを飲むことにあるのではなくて、アルコールの過剰摂取にあるといってもいいのです。


アルコールは適度な量を飲めば、ストレスの解消にもなりますし、体の血液のめぐりをよくしてくれますから、新陳代謝のアップにつながります。


もちろん頭皮の新陳代謝を良くしたり血液の流れを良くするということは、健康な毛髪を育てるのにとても効果があることにも思えますよね。


毎日少しくらいのアルコールの摂取なら、薄毛の原因にはなりませんし血流を良くしてくれますから、むしろ薄毛にはいいと思いますが、注意しなければいけないのはアルコールの過剰摂取です。


過剰に摂取してしまうと、アルコールは頭皮にとってあまりいい影響を与えません。


ですからアルコールを飲むという場合には、適量を飲むように気をつけましょう。


今薄毛に悩んでいるという人は、一度アルコールの量を減らしてみるといいでしょう。


薄毛の原因がアルコールだからといってすぐにアルコールを飲まないようにする人もいますが、そうしてしまうと、アルコールを飲みたい気持ちがたまってストレスになることもあります。


ストレスを感じてさらに薄毛が悪化することもありますので、そうはならないように、アルコールの適度な量を自分で決めて、薄毛の原因にならないように気をつければいいのです。