薄毛とヘアケア

薄毛にならないためには、正しいヘアケアが必要ですが、意外と間違ったヘアケアを続けているという人は多いといわれています。間違ったヘアケアというのは、例えばどんなことがあるのか、ここで紹介したいと思います。例えば、髪の毛を洗わずに、頭皮や髪の毛を不潔にしていれば、頭皮状態は悪化しますから、薄毛の原因になります。また逆に、シャンプーし過ぎることも、清潔でいいと思っている人もいるかも知れませんが、そうではありません。シャンプーしすぎれば、それだけ頭皮に負担がかかってしまい、それが薄毛につながったり、抜け毛につながるともいわれていますから、注意しなければいけません。
女性の場合には、特に、ファッションの一部的な感覚で、パーマを頻繁にあてたり、カラーをしたり、ドライヤーなども普段からよく利用していると思いますが、これらの薄毛の原因になり、薄毛の症状を進めることにもつながりますので、十分に注意しなければいけません。
しっかりと清潔を保って毎日シャンプーしているつもりでも、シャンプーがすすげていなくて、頭皮が綺麗に洗えていなければ、薄毛になりますし、頭皮環境はどんどん悪化しますので、注意が必要です。薄毛の人はシャンプー選びによるヘアケアも考えていく必要があります。市販されているシャンプーは界面活性剤が沢山入っているので、頭皮にダメージを与えるといわれていますので、よほど十分にすすいで、シャンプーの残りを頭皮に残さないようにしなければ、薄毛になってしまいます。
posted by 育毛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薄毛