薄毛と男性ホルモン

薄毛の原因の一つに男性ホルモンが関連しているといわれています。これは以前からよく言われていたことなのですが、男性は遺伝によって、男性ホルモンの量というのは人それぞれ違っています。そして遺伝で男性ホルモンの分泌が多い人ほど、薄毛になりやすい状況にあるといわれているのです。男性ホルモンの中でも、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンがあるのですが、このテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが薄毛の原因になっています。テストステロンの男性ホルモンが多量に分泌されてしまうとどうなるのか、それは、髪の毛がしっかりと成長しなくなってしまいます。そしてまだしっかり育ち切っていないような状態で、髪の毛が途中で抜けるので、薄毛になるといわれているのです。
男性ホルモンに分泌の量が原因で薄毛になるというような体質などは、親やそのまた親からの遺伝によって体質が受け継がれるケースが多いので、父親や母親も薄毛に悩んでいた場合には、その薄毛の体質がそのまま遺伝されることもあり、高い確率で子供も薄毛に悩むのではないかといわれています。
男性ホルモンが薄毛の原因である場合でも、それほど気にすることはなく、薄毛を改善する方法はいくらでもありますから、ホルモンの分泌による体質だからと諦めないで、薄毛対策については、他の薄毛の原因と同様にして、力を入れてケアしていけば、改善することは十分に可能です。薄毛は男性ホルモンの遺伝が原因で起きているケースもあります。
posted by 育毛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薄毛