遺伝

薄毛は遺伝が関係していると思っている人も多く、親が薄毛だった場合には遺伝が原因で自分も薄毛になっていると思っている人は大半です。


しかし薄毛というのは実は遺伝はあまり関係ないと最近の研究では言われています。


遺伝というよりもむしろ生活環境が同じだったために親とおなじ薄毛になったと考える方がいいとの考え方です。


子供は生まれてから成人するまで親と一緒に暮らして、同じものを食べて生活習慣なども同じであるケースがほとんどです。


薄毛の原因が食生活のバランスや生活習慣の不摂生にある場合に、親も薄毛であった場合、子供も薄毛になりやすいといわれているのです。


これを遺伝ととらえている人は多く薄毛になった原因は遺伝だから仕方がないと諦めているのです。


しかし薄毛の原因は遺伝ではなく生活習慣や食生活のバランスですから、そのことを考えれば、見直すことで親ももちろんですが子供も薄毛を改善させることは十分に可能です。


今まで薄毛は親の遺伝だからと諦めて何もアクションをおこしてこなかったという人は、一度食生活や生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。


昔は遺伝するとは言われていましたが、薄毛は遺伝よりも、生活習慣や食生活の方が大きな影響を与えているといわれていますから、一度見直すことで、諦めていた薄毛を改善できるかもしれません。


医学的にも、今遺伝は関係がないとして注目されているので、遺伝だからと薄毛を諦めないでもらいたいですね。

posted by 育毛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薄毛